カテゴリ:引退・退団 > 10 グリエル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 2016/07/16(土) 09:32:30.72 ID:30dgZnb30
     アストロズがプロ野球元DeNAでキューバ出身の内野手ユリエスキ・グリエル(32)と5年総額4750万ドル(約47億5000万円)で契約合意に達したと15日、球団の公式サイトが報じた。
    身体検査を経て、正式契約する見通し。

     グリエルは2月に弟ルルデスとともに米国に亡命。6月にはどの球団とも自由に契約ができるフリーエージェントとして認められ、獲得を狙っていたメッツやドジャースなどの施設で練習を公開していた。

     日本では2014年にDeNAに入団し、62試合で打率3割5厘、11本塁打。15年はけがを理由に来日せず契約を解除された。

    http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1679319.html

    【元Deグリエル アストロズと5年47.5億で合意か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 2015/05/15(金) 12:36:25.00 et
    グリエルの契約解除の原因は選手以外にある? 海外メディアが指摘
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00010002-fullcount-base
    「実際に私がサインしたものは、NPBの登録抹消の書類であって、最終契約書にサインしたことはない。
    金額についての合意は口頭だった。
    1度、この手続きを踏めば、私はフリーエージェントであることを証明することになり、
    NPBであろうが、他のリーグであろうが、契約できる」

    こう語っているグリエルは、当面は右太ももの故障の治療に励む方針だという。

    【グリエル「そもそもDeNAの契約書にサインしてない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 2015/05/14(木) 05:17:57.59 ID:???*.net
    前DeNAのユリエスキ・グリエル内野手(30)が、契約解除までの経緯を明かしたと、12日までにESPN電子版が伝えた。

    当初球団とキューバ野球連盟は日本時間3月24日までに来日することで合意していたが、
    グリエルは「知らされていなかった」という。
    その後4月16日に合流することで合意するも、契約した金額の4割の違反金と、3月24日から4月16日までの給与を割り引くと伝えられて態度を硬化。
    合流日を知らなかったことと、ケガが事実であることを理由に拒否した。

    その結果、契約解除を受けたと主張した。また、メジャーを含むどの球団からもオファーを受けていないとも明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150514-00000002-nksports-base
    日刊スポーツ 5月14日(木)5時3分配信


    【グリエル明かした DeNA契約解除の舞台裏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/09(木) 09:56:53.53 ID:8Svy0sd30.net
    そんなすぐ決まるもんでもないだろうし今年は日本に来ればよかったやん


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150409-00000019-spnannex-base
    キューバ政府は大リーグ移籍を認めておらず、現状では同国から亡命する以外に大リーグでプレーする道はない。
    グリエルも同国政府の方針に背いて亡命する意思はなく、
    現在、米国―キューバ間で行われている国交正常化交渉で大リーグ移籍が解禁されるのを「待っている」と期待し、
    「そうすれば、我々は(大リーグで)プレーできる」と続けた。

    【グリエル、Deの5億円蹴るもメジャー行けず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/02(木)23:26:14 ID:44L
    DeNAは、グリエルとキューバリーグに対し、痛めたとされる右太もも裏の診断書の提出や、来日して日本の病院で診察を受けて欲しい旨を伝えるも、答えは「No」。
    グリエル本人は横浜に戻りたいという意志を示したというが、交渉は難航。苦渋の決断を迫られたチームは、最終的に契約解除という道を選ぶこととなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150402-00027898-baseballk-base

    【【悲報】グリエル、横浜に戻りたい意思を示していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    13

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/02(木) 17:12:34.06 ID:e455dJd90.net
    高田繁GMは「きょう契約解除することを通告しました。本人が故障を理由にいつ来るかわからない。契約違反ということで本人に通告したということです」と説明。
    「何もすぐに試合に出ろというのではなかった。こちらに来て治療してほしいということだった。再三再四要求してきたけど、完治してからの一点張り。わがままを許すわけにはいかない」と話した。
    グリエルとは総額5億円で契約していたが、契約解除にあたり、金銭面についてはグリエル側も要求しないことで合意した。
    http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2015/04/02/0007878285.shtml

    【【悲報】グリエル「年俸いらないから横浜には行きたくない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/15(月) 03:57:16.99 ID:xuOVN7rn0.net
    no title

    no title

    【【DeNA有能!】グリエル三塁手で固定、弟も獲得へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/09(火) 09:49:15.15 ID:Y3X1idLi0.net
     横浜DeNAがキューバ出身の強打者、ユリエスキ・グリエル内野手(30)の残留に向けてキューバ政府との交渉を本格化させる。
    球団の渉外担当者が7日に現地入りし、来季の編成の最優先事項として残留に誠意を尽くす方針だ。

     今季はキューバ側の意向から1年のみの契約だったが、球団は交渉次第では複数年も提示する考えだ。
    さらに高田繁ゼネラルマネジャー(GM)は「(今季巨人に在籍したキューバ出身投手の)メンドーサのような若い選手も一緒に獲得して育成する可能性もある」と付帯条件をのむことにも言及している。

     ロッテは8日に同じくキューバ代表の強打者、デスパイネ外野手の残留を発表。ただ、グリエルには巨人も興味を持っているとみられ、予断は許さない。「いつまでに結論が出るかという、めども正直分からない」。球団の渉外担当者は長期戦も覚悟する。

     球団は昨季、打率と打点の2冠に輝いたブランコを放出。代役で巨人を自由契約になったホセ・ロペス内野手(31)の獲得を視野に入れ、抑え候補の
    新外国人投手も調査中だが、高田GMは「グリエル次第で(補強の)選択肢も違ってくる。まずはこの最優先課題が決まらないことには…」と頭を悩ませる。

     グリエルはシーズン終了後、横浜への残留を希望しつつも「どこでも自分をよく扱ってくれるチームならうれしい」と本音を口にしていた。それだけに、球団は交渉の行方を注視している。

    【【朗報】DeNA、グリエルと複数年契約も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 21:59:34.25 ID:0Q58j7iD.net
     来季も日本球界に戻ることを約束した。「ファンからも『来年も横浜で』と言われた。光栄だと感じた。できることなら(横浜に)戻ってきたい」。
    羽田空港で、DeNAへの熱い思いを口にした。機内持ち込み手荷物の中に、球団のマスコットのぬいぐるみが2つ。愛着を感じさせた。

     生活面で困ったのは食事面。豆や肉など、キューバ料理やそれに近い物しか受け付けなかった。球団はホーム、ビジターにかかわらず、グリエル様にキューバ料理を用意した。
    「自分を良く扱ってくれた」と感謝した。ある関係者は「食わず嫌いな面もあるんです」と明かす。

     「来年はしっかり準備して、素晴らしいシーズンを送りたいと思っている。具体的にはホームラン30本とか、40本とか言う感じだね」。
    DeNAでのプレーを希望する、2年目の日本。プレー面も生活面も、さらに充実させる。

    no title

    【【朗報】グリエルのDeNA愛が半端じゃない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 07:38:19.54 ID:ssJRlNbc.net
    DeNAのユリエスキ・グリエル内野手(30)が12日、フランス・パリ経由でキューバに帰国した。球団マスコットのぬいぐるみを手に羽田空港に登場。「できることなら横浜に戻ってきたい」と“横浜愛”を口にした。
    6月8日に日本球界デビューした“キューバの至宝”は、出場62試合、打率・305、30打点、11本塁打の成績。中畑監督も「長嶋さんのようなオーラがある」と絶賛する存在だった。
    来季の再契約へ“相思相愛”の関係だが、キューバ人選手は全員来季については白紙。キューバ政府スポーツ省および、同野球連盟の意向も反映されて、契約する球団が決まる。
    「帰国して連盟の大きな会議で自分の意見を聞いてもらえる機会がある。ある程度聞き入れてもらえるが、最後に決めるのは連盟になる」と説明した。
    飛行機嫌いのグリエルにとってパリ経由で9時間50分の待ち時間を含めて、合計32時間35分の長旅は苦痛。14日帰国予定が、空席待ちした結果、この日の帰国となった。「大丈夫、台風はまだ来ない」とニヤリ。
    バッグ1つで来日したが、この日は親類、知人へのお土産が入った大荷物はトランク4つに、バッグ3つ。さらにコンテナでも大量に輸送したという。「来年はしっかり準備して素晴らしいシーズンを送りたいよ」と約束した。
    http://www.daily.co.jp/baseball/2014/10/13/0007414189.shtml

    【【朗報】グリエル「横浜に戻ってきたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ